日本ロール製造は明治21年創造しました

日本ロール製造は明治21年創造しました

日本ロール製造は、技術を売る企業を原点に、お客様の立場に沿った製品を開発していく企業です。
創業は明治21年です。
明治21年といえば、歴史上の人物で有名な大隈重信が外務大臣に就任した年だそうです。
今でこそ自動車は、身近になりましたが、この年の3月に世界で初めて自動車が購入されたらしいです。
パリで自動車製造業車だったロジェが購入しました。
そして5月には、ビールが発売されたらしいです。
値段は18銭。
もりそばが1杯1銭の時代ですから、なかなかご家庭では飲まれない高級品だったようですね。
そして今では信じられないですが、12月に香川県が愛媛県から独立しました。
今の時代でしたら、愛媛に香川が吸収されていたなんて信じられないですよね。
そのような時代に、日本ロール製造は、ロール機械の製造を開始しました。
長年に渡り、日本興業近代化を果たすべき役割として担ってきました。
自動車やビール、香川県の独立と、今では身近になったものなどが初めて売買されたり、独立した時代から創業し、テレビなどが薄型になり、インターネットが発達した1世紀後の今も技術を売る企業として信頼の技術開発をしている日本ロール製造は、頼もしい企業ですね。

そもそもロールって何?日本ロール製造の技術

ロールという、日本ロール製造では、こちらの技術で今日まで工業化に貢献してきました。
今では、海外にも輸出しており、中国や東南アジア、中近東、欧州、米国など年々増加しているそうです。
では、ロールとは、何でしょうか?形は、金属でできた丸い筒状です。
おかし作りやそばを打つ時に使用する、めん棒をイメージするとわかりやすいです。
このロールを使って、原材料のゴムや樹脂を伸ばし、薄いシート状の製品を作るそうです。
種類は大きく分けると2つあるそうです。
1つは大きさで分けるそうです。
製造する製品の内容でロールの全長と直径の大きさを替えます。
2つ目の分け方は、内部の構造です。
この内部の構造は2種類あり「ボアード式」と「ドリルド式」です。
日本ロール製造の製品をチェックする
ロールで製品を作るのは、1本のめん棒で伸ばすのではなく、何本のロールを色々な形に並べ、ロールとロールの間に樹脂やゴムの原材料を入れ徐々に伸ばしていきます。
そして製品ができるのです。
日本ロール製造のこういった技術によって、様々な製品が作られているのですね。