日本ロール製造はパイプ事業も行っている

日本ロール製造はパイプ事業も行っている

日本ロール製造は、ロール事業の他にパイプ事業を行っています。
上水道と下水道にかかすことのできない、硬化塩化ビニル管と、ポリエスチレン管や各付属の製造や販売をしています。
これらのパイプは、強度や耐薬品性、水理特性、作業特性、耐久性などに優れているので、様々な分野にご利用いただいているそうです。
ゴムやプラスチックの新素材の研究、開発をしている第一・第二試験研究設備があります。
ここでは他に、試験をされるお客様に自由にご利用いただいているそうです。
日本ロール製造では1世紀に渡る豊富な技術の蓄積があります。
そして品質の優れた製品を安定的に供給する努力と、年々変わっていく時代のニーズにあった、新製品や新用途の開発に努めているそうです。
しかし時代のニーズは変わっても、技術の本質に変わりはありません。
日本ロール製造は、技術を売る企業として、技術の本質を大事にし、お客様の要求にあった製品を開発していく企業です。