無垢フローリングにでポカポカ床暖房

無垢フローリングにでポカポカ床暖房

マイホームの建築、または床をリフォームする際によく話題になる床暖房や無垢材を使ったフローリング。
合板とは違って、木の温かみや一つ一つが違った模様である事、その美しさだけでは無く踏み心地の柔らかさから足腰を痛めない様になっており、機能性も抜群です。
しかし高級素材でもあると言われているので、一般的に手を出しにくいとも言われているのも事実です。
ですがしっかりと企業選びをすれば費用についても相談は可能です。
暖房が入っていれば冬でも暖かですし、末端から冷えてしまう冷え性の方でも安心です。
「元々無垢は蓄熱効果があるので暖房は不要ではないのか?」と言われていたのはもう昔の事です。
もちろん床暖房を入れなくとも蓄熱性があるので、暖かいのですがフローリング全体をいつまでも暖かく保つ事が出来る事から床暖房を入れるのが良いとされているのです。
そんな住宅のフローリングに関してですが素材や塗料に関しても様々なものがあるのです。
それを紹介していきたいと思います。

樹種も豊富な無垢のフローリング!床暖房にも対応しています

無垢と言えば素材の良さや木の暖かさを引き出してくれる素材です。
それをフローリングに贅沢に張る事で、インテリアをより美しくみせてくれるのです。
また樹種に関しても様々なものがあります。
一般的なものでいえばパインやチーク、オークといった材質があります。
これらは薄いベージュからモカベージュあたりの色なので、どんなテイストの住宅にも良く馴染むのです。
もちろん床暖房を入れる際にも対応しています。
更に、材質だけでは無く使う塗料も重要だといえるでしょう。
塗料はアレルギーが発症する可能性もゼロでは無いので出来る事なら、自然塗料を選ぶのがベストだといえるでしょう。
無垢のフローリングを床暖房にチェンジ
環境や人体にも優しい塗料も存在しますので、無垢フローリングに張替えをするのならぜひ塗料にもこだわって頂ければと存知ます。
基本的に無垢は手入れ要らずと言われているのですが、日頃から行う事で床暖房も長持ちしますし、床自体も傷む事なくいつまでも美しい状態を保つ事が出来ます。