おとぎの国のような千葉のソープランド街

おとぎの国のような千葉のソープランド街

小さい頃から、ここはちょっと違った雰囲気の街だと思っていた。
父親の車に乗りながら覗くこの街の風景はおとぎの国のようにも感じた。
さらに昔は千葉の駅前の目抜き通りであった。
当時の国鉄の駅と、私鉄の駅を結んでいた。
その後、国鉄の駅が移転したため、人通りは少なくなったが今でいうソープランドなどの歓楽施設だけが目立って並ぶ街に変化していた。
そのため、いわゆる商業施設とこの界隈は背中合わせになっており、普通に買い物に来ていて、一本道を違えるだけで、異なった雰囲気の空間に入っていくことを体験することができる。
この辺りはいわゆるコリアタウンでもある。
千葉でソープに行ってみる
美味しい焼き肉店や、アジアンフードの店などが並ぶ。
歩いて入った場合は、様子の変化に合わせて歩調を変えれば良いのだが、車で入った場合は要注意でもある。
私の父親がしていたように、このような地理的事情を知らずにソープランドが並ぶ千葉の歓楽街を抜け道として利用する方も多いからだ。