スライドカーテンと便利なカーテン達

スライドカーテンと便利なカーテン達

工場や倉庫などに引かれている大型のカーテンを見た事ありますか?ああいったカーテンをスライドカーテンと呼ぶのですが、普段の生活をしていれば中々接する機会なんてありませんよね。
スライドカーテンの魅力は雨風を防ぎ、倉庫内にある製品や材料を守り、簡単に開閉できる事で作業効率を上げ、且つスペースの有効利用にもなるという点でしょう。
このスライドカーテンには二種類のタイプがあり、一つはシングルタイプ、もう一つはトラストタイプと呼ばれるものです。
主な違いは中の骨組みによるのですが、シングルタイプは骨となる芯材が一本と、その芯材と芯材との間に骨をクロスさせる形で補強しています。
大体5メートル以内の開閉部に対応できるとされています。
またトラストタイプはシングルタイプの芯材が立体形になり、より強度を増したカーテンとなります。
大体10メートル以内の開閉部に対応可能であるとされています。
スライドカーテン以外にも、業務用カーテンには様々な種類があるんですよ!

スライドカーテンだけじゃない!業務用カーテンの種類

カーテンと言えば家の窓口に取り付ける布製の物を想像しますが、スライドカーテンのようなカーテンは業務用カーテンとして一般の家庭には使われない物です。
このような業務用の大型カーテンは、スライドカーテンだけでもありません。
例えばビニル製の透明カーテン等は、風やホコリを遮断してくれる一方で、透明で中が見えるという特徴を利用して、飲食店でテラス部分の囲いに用いたり、また工場内でも他の空間と仕切ってビニルカーテン内の温度を調整したりするといった利用法もあります。
またのれんカーテンも工場内や倉庫内でよく見る業務用カーテンです。
のれんカーテンの利点は、一定の風を防ぎ、内部の温度調整を行ってくれる上に、歩行したままやフォークリフトに乗ったままでもそのままカーテンをくぐれるという点でしょう。
正に業務作業の利便性を考えた上で編み出されたカーテンですよね。
このようにスライドカーテン以外にも業務用カーテンの種類って意外に多いんです。

加工も出来る、スライドカーテンの魅力

業務用カーテンであるスライドカーテンにも様々な加工やオプションが取り付けられるんです。
例えば開閉部に取っ手を取り付けたり、またロック機能を取り付ける事で安全面の効果も上がります。
業務用カーテンは材料や製品を保管する為に存在している場合が多いので、オプションの取り付けにあたってはどういった加工が必要なのかしっかりと考慮した上で施工を行わなくてはなりません。
カーテン生地一つとっても、防火や防水出来るタイプの物か、通気性は優れているのかといった問題点や、また生地の色も意外に重要なポイントになってきます。
補強材として鉄心をいれるのか、工場や倉庫内で使う業務用カーテンが、一般の企業や飲食店等で相当するかといえばそんな事はありませんし、またレール部分の加工オプション等も考えれば様々な問題点が浮上します。
適宜相当なカーテンが存在しますので、施工業者との話し合いは肝心です。
湿気に困ったら、スライドカーテンはいかが
スライドカーテンやその他業務用カーテンが担う役割、意外に大きいでしょう?