バイトをするなら池袋ガールズバー

バイトをするなら池袋ガールズバー

日本の首都である東京では多くの人が毎日行きかっています。
人が多ければその土地に展開する店の数も多くなります。
特に人の多い池袋でバイトを探している女性の方はたくさんいらっしゃるかと思います。
こうも店が多いとどこを選んでいいのか迷いますよね。
そういう方はガールズバーで働いてみませんか?ガールズバーと聞くともしかしたら、あまり良いイメージを持たれていない方も多いのではないかと思います。
しかしニュースなどで報じられているものは一部のルールを守っていないお店であって、大抵のお店はけっこう健全でしっかり営業しているのです。
キャバクラと違い風俗店ではなく、飲食店として分類されるので深夜帯でなければ未成年でも働くことが可能なのです。
他のお店よりも給料もいいですし、女性だけでお店を展開しているのでかなり気軽に働くことができるのではないでしょうか。
池袋でバイトを考えている方はぜひガールズバーも念頭に置いてみてください。

池袋のガールズバーのバイトとはどんなもの?

池袋という土地には様々な人間が集まります。
それに比例するように様々なお店が並んでいてバイト先を探すのも一苦労。
ガールズバー以外にも似たような風俗店のキャバクラがありますが、そもそもキャバクラとの違いってなんなんでしょうか?キャバクラは来店客の横に座り、お酒を交えながらさまざまな談笑をして、いわゆる「接待」をするのが仕事になります。
一方ガールズバーではあくまで「接客」として来店客と接するのが基本。
バーテンダーとしてカウンター越しにお酒を作り、来店客をもてなすのがバイト内容なのです。
キャバクラでは綺麗なドレスで着飾りますが、それとは違い、ガールズバーはあくまで「バー」なのでバーテンダーとしての制服を着ることが多いです。
人によってはその制服が好みでバイト先に選ぶ方も多いでしょう。
しかし、中には露出の多いものもあるのでそこは自分でお店を見極めましょう。
池袋にはたくさんお店がありますので、しっかり確認して、自分に合ったお店を選びましょう。

人が交錯する池袋のガールズバーでバイト

ガールズバーと聞くと、やはり風俗の印象が付いて回っているように思いますが、キャバクラとはそもそも営業形態が異なってます。
各都道府県の風俗店としての認可の元にかまえているキャバクラと違い、終夜営業できる飲食店としての認可で展開してるガールズバーはいわゆる居酒屋のような感覚でバイトができると思うのです。
しかし居酒屋よりも落ち着いた雰囲気で人と話すことができるので、池袋特有の様々な人とも交流をしっかり持つこともでき、色々な知識と共に経験を積むこともできるでしょう。
あと意外にも男性客だけでなく女性の来店客も多いのは、接客してくれるのが女性のみという安心感からきているからなのではないでしょうか。
池袋のガールズバーはバイトを常に募集中
居酒屋との大きな違い、バーテンダーがすべて女性というのは華やかですし、同性だけがいるガールズバーなら互いに理解してもらいやすく、故に女性にとっては働きやすい環境でしょうし、何より池袋という多種多様な人が交錯する場所でバイトをすることは将来に役立つ経験を得るチャンスだと思うのです。