人生で初めての転職先は日本ロール製造

人生で初めての転職先は日本ロール製造

今働いている電機会社では三年目で多忙な日々を過ごしている彼ですが、自分のやりたいことがあると感じた日本ロール製造という会社の面接を受けることにしたそうです。
のんびりマイペースな彼が、転職を考えるなんてと面接当日は自分でも驚きました。
今までの担当していた仕事の内容と、仕事をする際に自分の取り組む姿勢や思いを熱く語り、工場見学で見た、職人気質の仕事に自分もかかわって、自分の軌跡を残したいと話したそうです。
後日、採用の連絡を頂き、今勤務している会社をいつ辞められるかなどの話になり、今携わっているプロジェックトがあと一か月で締切のため、上司にそこまで働くことを話して退職することになりました。
何年か前の自分では、ものを作って達成感を得たいという気持ちをもてなかったため、今まで働いていた仕事の経験があったからこそ、自分が本当にしたかった仕事を見つけることがで来たと言っていました。
今では日本ロール製造で設計から実際の施工まで関わることができる機会にめぐまれて感謝しているそうです。