聞いたことある?電話代行とは?

聞いたことある?電話代行とは?

皆さんは、電話代行というものをご存知ですか?私は、この記事でとり上げるまで全く知りませんでした。
電話代行とはいったいどのようなものなのでしょうか、そのサービス内容について、今回は調べてみました。
そもそも、電話代行とは一般的には依頼者の代わりに電話応対を行なう代行サービス業を指します。
秘書代行、電話秘書代行などと呼ばれるサービスも同じもののようです。
日本では、主に企業が使っているサービスになります。
具体的にはお客様からきた電話を社員が対応するかわりに、代行サービス会社へ転送し、そこのオペレーターが応対し、後でその電話内容とお客様の連絡先をメールなどで教えてもらうというものなのです。
商談中や外出中にかかってきた電話を代わりに応対してもらえるので新規のお客様を逃さず既存のお客様への連絡がスムーズだという利点があります。
もちろん、電話のことを気にせずに仕事に集中することもできますね。
このように、電話代行はとても便利なサービスなのです。

どんなものがある?電話代行の種類

調べていくうちにわかったことですが、実は電話代行には、主に2つの種類があるんです。
その2つを簡単に見ていきましょう。
2つの種類とは事務所の電話を代行してもらうサービスと、商品の問い合わせ窓口となってもらうサービスのことです。
前者は「電話代行」「電話秘書」と呼ばれ、後者は「受注代行」「コールセンター代行」と呼ばれているようです。
電話秘書のほうは自分が外出中や商談中など電話に出られないときにオペレーターが応対してくれるもの。
電話の心配をせずに仕事に集中でき、お客様や取引先にも安心感を与えることができます。
受注代行のほうは、電話番号を別に用意し、通販のお問合せや求人窓口、お客様相談窓口等をオペレーターが対応してくれるというものです。
こちらの方法は、スタッフ教育や管理等の負担なく、コールセンターを開設することができるという利点があります。
どちらの電話代行も仕事を効率的に行ううえでとても重要なものだということがわかりますね。

サービスの違いに注目!電話代行会社の選び方

電話対応の心配なく、仕事に集中できるとしてよく使われている電話代行サービスですが、調べてみるとたくさんの会社がこのサービスをしていました。
これからサービスを利用したい人にとっては、どこのサービスを選べばいいのか迷ってしまいますよね。
そこで、どんな会社を選べばいいのか、電話代行サービスを上手に選ぶポイントを考えてみました。
まず重視したいのは価格でしょう。
しかし、近年は価格競争は非常に激しくなっており、価格だけを比べるのは少し危険かもしれません。
価格を比べる際は自分が求めているサービスの品質にあっているかどうかをしっかりと吟味しましょう。
また、このような品質は実際に使ってみないと分からないものです。
万が一、自分のニーズに合わないなと思ったときにしっかりと保証してくれる返金保証がついた会社を選ぶと安心です。
電話代行で手間暇をなくす
さいごにこのような電話代行サービスを選ぶうえで、いちばん重視すべきは口コミだともいわれています。
口コミサイトなどを細かくチェックして、品質の良い、自分に合った電話代行サービスを選びたいですね。