新入社員研修費用から見える企業のやる気

新入社員研修費用から見える企業のやる気

大学卒業後の就職者では、入社後の3年間に約3割が離職するというデータがある。

原因としては、仕事業務内容に関する事前の理解不足が理由ということが少なくない。

せっかく時間と費用をかけて採用しても3年でやめられてはたまらない、というのが企業の本音だろう。

企業の成長に必要な人材をいかに確保し育てていくか、というのはどの企業においても避けることのできない命題だ。

このため多くの企業では社員育成のために研修を行っている。

代表的なものは、入社前後に行う新入社員研修である。

学生から社会人になるという意識をもたせ、仕事に必要なビジネスマナーを身に着けるための基礎的なプログラムが基本だ。

新入社員研修で社員1人あたりにかける費用や期間は企業によって異なる。

そこに会社が社員に対してどれだけ期待しているかが表れていると考えられる。

自社の施設で研修を行うことが多いが、外部施設を利用して数社で集団研修を行うこともある。

離職者が多い、人材が育たないと嘆く前に一度自社の研修制度を見直すことをお勧めする。